令和5年度 問34

広告を含みます

内側に厚さx1=150 mm、熱伝導度k1=1.5 Wm-1K-1の断熱材を使い、外側に厚さx2=100 mm、熱伝導度λ2=0.2 Wm-1K-1の断熱材を用いた炉がある。定常状態において、炉内温度がT1=800℃、外面温度T2=140℃の時、内側の断熱材と外側の断熱材の境界面の温度Tとして最も適切なものはどれか。

熱伝導において、熱流束q(Wm-2)はフーリエの法則q=-k(dθ/dx)に従うものとする。

  1. 690℃
  2. 720℃
  3. 750℃
  4. 780℃
  5. 810℃



解答解説

正答は1番です。

2024年3月11日