平成27年度 問9

広告を含みます

発熱量に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 発熱量とは、ある一定の状態(例えば、105 Pa、25℃)に置かれた単位量(1 kgや1 L)を、必要十分な乾燥空気で完全燃焼させ、その燃焼ガスを元の温度(この場合25℃)まで冷却したときに計測される熱量のことである。
  2. 発熱量は熱量計で計測される。熱量計は、燃料の燃焼熱を熱量計内の水に吸収させ、その水の保有熱量の増加分を燃料の発熱量として計測する。
  3. 石油製品の単位体積当たりの高位発熱量(MJL-1)は、重油、軽油、灯油、ガソリンの順で増加する。
  4. 低位発熱量は、(低位発熱量)=(高位発熱量)-(水蒸気の凝縮潜熱 × 水蒸気量)で計算して求められる。
  5. ボイラ設備やディーゼルエンジン、ガスタービンなどの原動機の熱効率の計算には、一般的に低位発熱量を使用する。



解答解説

正答は3番です。

2024年3月10日