令和元年度 問25

広告を含みます

無機結晶物質の欠陥に関する次の記述のうち、不適切なものの組合せはどれか。

  1. 結晶構造中のイオンを別のイオンと置換した結果、通常はイオンが占有していない位置に移動した場合、置換イオンと呼ぶ。
  2. 陽イオンの格子位置にイオンが存在しないとき、陽イオン空孔と呼ぶ。
  3. 空孔と格子間イオンが組合さった欠陥をフレンケル欠陥と呼ぶ。
  4. 転位とは、結晶中に含まれる面状の結晶欠陥のことで、刃状転位、らせん転位、及び、それらの組合せの混合転位に分類される。
  5. 焼結体のように方位の異なる結晶が接合した界面は結晶のイオンの積み重なりが乱れており、これを粒界と呼ぶ。

選択肢

  1. A、C
  2. A、D
  3. B、D
  4. B、E
  5. C、E



解答解説

正答は2番です。

2024年3月10日