令和元年度 問2

広告を含みます

有機反応に対する温度の影響に関する次の記述の、【 】に入る化学用語の組み合わせとして最も適切なものはどれか。

 1, 3-ブタジエンへのHBrの【 a 】付加反応において、0℃の反応条件下では71:29の比で1, 2-及び1, 4-付加体を与えるが、40℃で反応を行うと、生成物の比は15:85となる。さらに、0℃で得られた生成物をHBrの存在下で40℃に加熱すると、生成物の比は71:29から徐々に15:85に変化する。

 この反応に対する温度の影響を次のようにして説明することができる。2つの反応生成物の安定性を考えたとき、熱力学的に安定なのは、【 b 】付加体である。まずはじめ低温(0℃)で反応を行った場合、1, 2-及び1, 4-付加体を生成する2つの経路が非可逆で平衡に達していないので、2つの反応生成物の熱力学的安定性は重要ではない。非可逆反応の生成物は【 c 】にのみ依存し、生成物の安定性には依存しない。そのような反応は【 d 】下にあるといわれる。しかし、高温(40℃)においては2つの経路が可逆で平衡に達するようになると、可逆反応の生成物は安定性にのみ依存し、【 c 】には依存しない。このような反応は平衡の支配下、又は、【 e 】下にあるといわれる。

選択肢abcde
1求核1, 2-反応速度速度支配熱力学支配
2求電子1, 2-反応速度速度支配熱力学支配
3求核1, 4-反応物組成熱力学支配速度支配
4求電子1, 2-反応物組成熱力学支配速度支配
5求電子1, 4-反応速度速度支配熱力学支配



解答解説

正答は5番です。

2024年3月10日