令和5年度 問29

広告を含みます

 高分子の固有粘度[η]は、希薄溶液の濃度依存性の測定値から、次式を用いて求めることができる。

$$ \left[\eta\right]=\lim_{c\rightarrow 0}\left(\eta/\eta_{s}-1\right)/c$$

ここで、c:濃度(g/cm3)、η:高分子溶液の粘度、ηs:溶媒の粘度

 古典的には図のような毛細管粘度計を用いて、異なる濃度cでの高分子溶液の表面が点L1からL2までに落ちる流下時間tfをそれぞれ測定することによって求めることができる。この際、tfは溶液粘度ηに比例することになる。ある高分子希薄溶液について、この粘度測定を行い、下のような結果が得られた場合、提有粘度として最も近い値はどれか。

  1. 100 cm3/g
  2. 200 cm3/g
  3. 230 cm3/g
  4. 270 cm3/g
  5. 1500 cm3/g



解答解説

正答は2番です。

2024年3月11日