令和5年度 問27

広告を含みます

蛍石型構造とペロブスカイト型構造を持つ化合物に関する次のA~Eの記述のうち、不適切なものの組合せはどれか。

  1. 蛍石(CaF2)の結晶構造では、面心立方ブラベ格子の各格子点に3個のイオン(1個のCa2+と2個のF-)が配置されており、単位格子当たり12個のイオンがある。
  2. CaOやY2O3を固溶させたZrO2では、高温ではイオン半径が小さいZr4+の拡散係数が大きい。
  3. CaTiO3はペロブスカイト型構造を持ち、Ca2+とO2-が立方最密充填構造を形成し、Ti4+が頂点位置を、O2-が面心位置をそれぞれ占め、その体心位置にCa2+が配置されている。
  4. ペロブスカイト型構造を持つ化合物は立方晶とは限らずに、正方品、斜方晶、菱面体晶などの歪んだものも多い。
  5. Pb(Zr, Ti)O3はPbTiO3のTi4+の位置が不規則にZr4+に置換された結晶である。

選択肢

  1. A、B
  2. A、E
  3. B、C
  4. C、D
  5. D、E



解答解説

正答は3番です。

2024年3月11日