令和5年度 問25

広告を含みます

レーザーに関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

  1. 白色光は、異なる波長の光が混在しているのでインコヒーレントである。
  2. レーザー光は、波長と位相が等しく、干渉する波の振幅が最小となる性質を持つ。
  3. 自然放出とは、励起された原子が電磁場など外からの作用と無関係に光(電磁波)を放出して基底状態に戻ることである。
  4. 励起状態にある原子やイオンの数が、基底状態にある数より多い分布を反転分布という。
  5. 励起状態の系が入射光で刺激されると、基底状態に戻る際には、入射光と同じ波長、位相の光が放出される。



解答解説

正答は2番です。

2024年3月11日