令和5年度 問23

広告を含みます

次のうち、セラミックス製造法と、それに関する説明として、不適切なものはどれか。

  1. 射出成形法:セラミックス原料粉末と熱可塑性の有機バインダー等を加熱混合し、可塑化した後に、金型に射出し、冷却固化させることで成形体を作製する方法。
  2. ドクターブレード法:セラミックス粉末にバインダーを加えた泥しょうを剥離性のフィルム上に流し込み、均一な厚さの成形体(グリーンシート)を得る方法。
  3. CVD法:目的の構成元素を含む蒸気圧の高い原料を気化して、キャリアーガスによって反応室に導入し、原料の熱分解、反応ガスとの化学反応等により基板上に薄膜を生成させる方法。
  4. フロート法:溶融ガラスを溶融すず浴上に流し出すことで、ガラスを溶融すずに浮かせて流動させ、平滑な表面を有する板材を製造する方法。
  5. ブリッジマン法:融点より僅かに高い一定温度に保った溶融物の表面に種結晶を浸して、回転させながらゆっくりと引き上げ、単結晶を製造する方法。



解答解説

正答は5番です。

2024年3月11日