令和5年度 問10

広告を含みます

製油所における石油精製装置に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

  1. 常圧蒸留装置は、原油を常圧にて蒸留し、LPG、ナフサ、灯油、軽油、常圧残油などの各留分に分けるものである。
  2. 減圧蒸留装置は、常圧残油を減圧下で蒸留し、潤滑油原料、間接脱硫原料、分解原料、アスファルト又は減圧残油などに分けるものである。
  3. 流動接触分解装置は、触媒を用いて沸点の高い重質炭化水素を分解し、LPG留分、ガソリン留分及び中間留分を得るものである。
  4. アルキレーション装置は、プロピレンやブチレン等の不飽和炭化水素とイソブタンのような側鎖を持つ炭化水素を反応させてオクタン価の高い生成物(アルキレート)を得るものである。
  5. 接触改質装置は、軽質ナフサを原料とし、芳香族を高濃度に含む改質ガソリン(リフォーメート)を製造するものである。



解答解説

正答は5番です。

2024年3月11日