令和元年度 問17

広告を含みます

ラジカル重合についての次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. バルク重合とは、液状モノマーをそのまま、あるいは開始剤を加えて、加熱、光や放射線照射しながら重合させる方法である。高分子量ポリマーは得られにくい。
  2. 溶液重合とは、モノマーを適当な溶媒に溶かして重合する方法で、生成するポリマーも溶媒に溶解するため均一系で進行する。バルク重合に比べると重合速度が低い。
  3. 懸濁重合とは、油溶性のモノマーを水中でかきまぜて分散した状態で加熱して重合する方法である。分散剤として少量の水溶性ポリマーを加える。
  4. 乳化重合とは、乳化剤を加えて油溶性のモノマーをミセル化し、水中で重合する方法である。水溶性の開始剤から発生したラジカルが、ミセル内に飛び込み、重合反応はミセル内で進行する。
  5. 固相重合とは、モノマーを固体状態のまま光や放射線を照射する、あるいは融点以下で加熱して重合する方法である。モノマーの結晶状態を反映してポリマー鎖が配向した結晶の形で生成する。



解答解説

正答は1番です。

2024年3月10日